顧客のブランドイメージを決めるのは広告や宣伝ではありません。

ブランドイメージを決めるのは『人』

です。

どれだけ企業がイメージアップにむけて広告や宣伝にお金をかけても、お客様に最終的に接する人(コンタクトパーソネル:CP)がブランドイメージを決めてしまいます。

リアル店舗の接客はもちろん、ECの場合は商品の梱包担当者や配送業者がどのような仕事をするかで顧客のイメージ大きく変わります。また、CPは自社の社員の場合もありますしパートナー企業であるかもしれません。

私たちは貴社の『想い』が正しくお客様に届く業種や業態、カテゴリーを特定し、販売パートナーとなるお取引先開拓を貴社に代わって行います。また、営業部や直営店がある場合はコンセプトの共有や販売指導、店頭VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)指導など、『想い』を届ける活動を支援し、営業力、販売力の強化、顧客情報の収集の他、販売に関わる皆様の自主性を高めるお手伝いを致します。

【具体的なアクション】

・ペルソナや商品コンセプトから適切な業種、業態、カテゴリー等を特定致します。

・販売パートナーとなるお取引先を選定し、取引交渉を行います。

・取引先とコンセプトを共有し、適切なフィードバックが得られる関係性を構築します。

・営業部や店頭とコンセプトを共有し販売指導やモチベーションの向上を図ります。